800万円借りるならココ!審査迅速のカードローン

800万円を借りる!借りれる!おすすめカードローン

800万円借りたいなら

800万円くらいの高額の現金を保証人や担保なしで借り入れすることができるのはカードローンしかないと思われます。カードローンだというと大ごとのように思う方が大勢いるでしょうが、カードローン契約をしたことがあるという人は実はたくさんいます。似たようなものにクレジットカードのキャッシングがありますが、カードローンはクレジットカードと違って年ごとの会費や入会時の手数料がありませんから経済的な入り用が発生しても大丈夫なように所持している人もいるみたいです。

 

カードローンの融資で800万円借りるとしたら金利は18%が上限値ですが、契約限度額が800万円であればもっと低金利で借り入れすることが充分可能でしょう。クレカのキャッシング利用分に対する金利は15%から18%程度ということなので金利面でもカードローンはクレカと同じ水準です。しかも、銀行で申し込むカードローンなら一層ひくい利率で借りることができたりします。

 

800万円借りる!高額融資可能なカードローン

800万円という高額なお金を借りる審査を申し込もうとしている場合にオススメのカードローンのご紹介をします。多額の融資をカードローンで借りる場合には、どの程度審査スピードの時間が短いかということよりも、利率がどのくらい低いかがとりわけ重要なポイントです。

 

オリックス銀行カードローン

 

みずほ銀行カードローン

 

住信SBIネット銀行カードローン

 

申し込み方法

利用する会社によって少し違いはあるでしょうが、カードローンの申し込みをする方法は大体下記みたいになるようです。

手順1 利率や審査時間の短さといったことを比較検討してどの会社に申し込みをするのか決めましょう。この時、気をつけることはたくさん同時に申し込まないようにすることです。 カードローンの申し込みをあなたがした記録等は即、記録として保存されていきますから、数日の間に一気に申し込みをするのは2社までに抑えておくべきです。カードローンの審査申請はそのカードローンの公式ホームページから行えます。『申込みはこちら』という文言を見つけてそちらから申し込みをしてください。 入力していくのは住所・氏名といった基本情報や勤務先などの就業情報、あとは収入と借金の情報等の基本的な情報です。申し込みに関する手続きの中で最も手間なのがこの部分ですが、入力が得意な人なら5分から10分くらい、入力が遅い人でも20分くらい頑張れば終了するはずです。 手順2 入力を終えると審査をカードローン会社が行います。入力をしたばかりの時はまだ金融機関の側にもあなたに関する書類がないですから、状態としては仮審査ということになります。仮審査が通れば必要書類を提出して事実と異なる点がないか、カードローン担当者による確認が行われます。 必要書類を送る手段はスマホやパソコンから書類の写真を撮影して送信するか、郵送orFAX、どれかを選んで送付します。言うまでもありませんが、郵送を選択した場合は時間がどうしてかかるため利用をスタートするまでに日数がかかることになります。回答は電話番号かメールアドレスへ連絡がもらえます。 手順3 審査結果で融資可能となればめでたくカードの発行となります。指定口座への振込を希望した場合、口座を伝えて借入れ金を振り込んでもらえます。また、プロミスなどの大手消費者金融は、契約機でカードの発行をしてもらえます。郵送での受取を選択した場合は自宅に郵送されます。ゆえにカードローンが利用可能になるまで何日か待たされることになります。

今日明日中の融資を希望するなら消費者金融

2?3万円程度の少額の借入をしたいときはアコムやプロミスといった消費者金融(貸金業者)を利用するのがおすすめです。貸金業者として個人相手の融資をしてきた消費者金融は迅速な審査を強化しつつ進化してきたといっても過言ではないので、『明日には借り入れしたい』といった急ぎのときにはとても助かります。近年は銀行もカードローン融資に本腰を入れつつあり、審査にかかるスピードもかなり早くなってきていますが、なかには申し込み⇒審査⇒借り入れをするまでに一週間以上も要するところもあります。お金が一刻も早く必要だったら審査や借り入れ実行までに最低限必要ではと思われる時間をしっかり確認するようにしてください。このサイトでは、審査が早いといわれているカードローンをご紹介しており、消費者金融といった即日融資が可能なカードローンがありますが、時間帯によっては借り入れをするのが翌営業日になる可能性も少なからずあります。当日の融資を宣伝している消費者金融でも、原則、午後1時半くらいまでに契約手続きを終わらせておきたいですから当日の融資にこだわる人は注意してください。

menu