410万円借りるならココ!審査迅速のカードローン

410万円を借りるには?借りたい人におすすめのカードローン

410万円借りるなら

410万円くらいの高額の現金を担保とか保証人なしで借り入れすることができるのは、おそらくカードローンを介した借り入れでしょう。カードローンと聞くと普通でないことと感じる方が多いのかもしれません。しかし、カードローン契約をしている人は案外たくさんいて、クレジットカードとは違って手数料や年ごとの会費がそもそもありませんからお金が急に必要になった場合への備えとして持っておく人もいるようです。

 

カードローンでの融資で410万円借りる時の金利は18%が上限値ですが、借りるお金が410万円であればもっと安い金利で借入することが可能だといえます。クレジットカードのキャッシング利用分の利率は15%〜18%だということですから金利の比較でもカードローンはクレカに負けていません。しかも、銀行で申込むカードローンならばよりいっそうの安い利率で借りるのができます。

 

410万円借りる!人気のおすすめカードローン

410万円というような多額のお金を借りる審査の申し込みを検討している人に参考にしてもらいたいカードローンを掲載しています。高額のお金を借りる場合、どれくらい早く審査が終わるかといったことよりも、年率の水準が最も重視すべきポイントです。

 

オリックス銀行カードローン

 

みずほ銀行カードローン

 

住信SBIネット銀行カードローン

 

申込

どの金融機関を利用するかによって若干違いはあるでしょうが、カードローンの審査申込みの仕方は大方、下記のようになっているようです。

手順1 年率や審査に要する時間等を比べてみてどの金融機関に申込をするのかを決めてください。注意事項としてはたくさんのところにいきなり同じタイミングで申し込むのを控えることです。 審査の申込をした情報等は瞬時に個人情報に保存されていきますので、数日のうちに一度に申込をするのは2社が上限だと思っておいてください。カードローン審査の申込みはそのカードローンの公式サイトから行えます。『申込はこちら』という文言が必ずあるはずですからそちらから申込のページに進んでください。 入力が求められる項目は住所・氏名・年齢・電話・メールアドレス・勤務先情報・収入・借金歴などの基本的な情報です。申込みの際、一番手間なのがこの部分なんですが、文字の入力が素早い人であれば5分から10分くらい、入力の時間がかかってしまう人でも30分もあれば入力し終えるでしょう。 手順2 入力が終了してボタンを押すと審査が金融機関によって行われます。申込をし終えたばかりの時はカードローン会社にも確認書類がない状態ですから、仮審査の扱いです。仮審査の結果、可決となれば確認書類を出して事実と食い違っている点がないか審査の担当がチェックしていきます。 必要書類の送付方法はFAXもしくは郵送、あるいはスマホなどで撮影した書類の画像をネットで送信するかのうちのどれかになります。もちろん、送付手段で郵送を選んだ場合は日数を必要とするため利用をスタートするまでに日数がかかります。結果は最初に入力したメールアドレスか電話の方に連絡が来るようになります。 手順3 審査に合格すればカードが発行されます。融資方法で口座振込を希望した場合は振込先の口座を指定して借入金の振込をしてもらえます。また、プロミスなどは契約機でローンカードが受け取れます。受取方法で郵送を選択したら自宅に郵送されます。要するにカードローンが利用できるまでに2〜10日待たされることになります。

急にお金が必要になったら消費者金融

少額(数万円程度)が必要という場合はプロミスやアコムなどの貸金業者を利用すると良いでしょう。お金が必要な個人相手に商売してきた消費者金融は速い審査を差別化ポイントにしながら発展をし続けてきた背景があり、『明日には借りたい』などの速さを求めているときにはとても便利です。近年ではカードローンに注力する銀行が増加してきており、審査スピードがとても向上してきていますが、そういった銀行の中には申込みから融資実行までに七日以上要する場合も銀行ならあれます。できるだけ早くお金を借りたいときは審査の速さや借入までに必要と思われる時間をしっかり確認してください。当サイトでは、審査が迅速だと評判のカードローンもご紹介していてその中には大手の消費者金融などの即日の融資をしてくれるカードローンもありますが、申込みの時間によっては翌日の融資となる可能性も充分あります。当日の融資を謳っている消費者金融でも、基本的には午後1時半くらいまでに手続きを完了させる必要がありますから、即日融資したい人は意識しておきましょう。

menu