400万円借りるならココ!審査迅速のカードローン

400万円を借りるには?借りたい人におすすめのカードローン

400万円借りたいなら

400万円といった高額のお金を担保とか保証人なしで借入することができるのはカードローンを使った借り入れでしょう。カードローンで借りると聞いたら普通でないことと思う方が多いのかもしれません。しかし、カードローン契約をしている人は結構たくさんいて、クレジットカードとは違って年ごとの会費や手数料はありませんから急にお金が必要な時への備えに持っておく人もいるようです。

 

カードローンでの融資で400万円借りた場合の金利は消費者金融であれば高くて18%ですが、借入額が400万円ならさらに低い利率で借入することが充分可能でしょう。クレジットカードのキャッシング利用分の利率は15%から18%程度だということですから金利面でもカードローンはクレカに負けていません。また、銀行で申込むカードローンならより一層の安い利率で借りることができます。

 

400万円借りる!人気のおすすめカードローン

400万円というような多額の融資を受ける審査の申し込みを検討している人に参考となるカードローンのご紹介をします。高額融資を希望する場合は、どれくらい早く審査が終わるかといったことよりも、利率がどの程度低いかが最も重視すべきチェックポイントだといえるでしょう。

 

オリックス銀行カードローン

 

みずほ銀行カードローン

 

住信SBIネット銀行カードローン

 

申込について

どの会社を利用するかによって若干違いはあるでしょうが、カードローンの利用申込みの仕方は大体下記のようになるようです。

手順1 利率や審査に要する時間といったことを比べてみてどの会社に申込をするのかをとにかく決定しましょう。注意事項としてはたくさんいきなり同じタイミングで申込みしないことです。 申込をした情報でさえも瞬時に個人情報に残されていきますので、数日のうちに一度に申込みするのは2社が上限だと思っておいてください。カードローンの審査申込みはそのカードローンの公式サイトからできます。『申込はこちら』という文言がページの中にあるはずですからそちらから申込みページに進みましょう。 入力が求められる項目は氏名・住所・電話・年齢・メールアドレス・勤務先・年収・勤務歴・他社からの借入などの基本的な情報です。申込みをする際、一番手間なのがこの入力作業のところですが、文字の入力が素早い人であれば5分くらい、入力に時間がかかる人でも30分もあれば終了するはずです。 手順2 入力された内容を基に審査が金融機関によって行われます。申込段階ではカードローン会社にも入力された内容を確定させる書類がありませんから、仮審査の扱いです。仮審査でOKとなれば確認書類を出して事実と異なる点がないか審査の担当がチェックしていきます。 必要書類を送る手段はFAXもしくは郵送、あるいはスマホなどで撮影した書類の画像をネットで送信するかのどれかになります。言うまでもありませんが、郵送を選んだ場合は日数を必要とするため利用開始までに日数がかかります。結果は電話かメールアドレスに連絡が来るようになります。 手順3 審査通過となればカードが発行されます。融資方法で振込を希望した場合は振込先の口座を指定して借入れ金を振り込んでもらえます。また、プロミスなどは自動契約機でカードが発行されます。受取方法で郵送を選択したら自宅に郵送されます。ゆえにカードローンが利用できるまでに何日か待つことになります。

急ぎのときは消費者金融

2?3万円程度の少額が必要という場合はアコムやプロミスといった貸金業者を利用するのがおすすめです。お金が必要な個人相手に商売してきた消費者金融は迅速な審査を差別化ポイントにしながら発展を遂げてきた部分があり、『明日には借りたい』というような速さ勝負の時は便利です。近年ではカードローンに注力する銀行が増えつつあり、審査スピードがとても早くなってきていますが、そういった銀行の中には申込み〜審査〜融資実行までに一週間以上も要する銀行も普通にあります。早く借りたいときには審査のスピードや借入までにかかる時間をしっかり確認するようにしてください。このサイトでは、審査が早いといわれているカードローンを掲載しており、その中には大手消費者金融といった即日融資が可能なカードローンがありますが、申込みの時間によってはお金を借りるのは翌日になる可能性もあります。即日融資を宣伝している消費者金融カードローンでも、基本的には午後1時半くらいまでに契約手続きを完了させておきたいですから、即日融資したい人は意識しておきましょう。

menu