230万円借りるならココ!審査迅速のカードローン

230万円を借りる!借りれる!おすすめカードローン

230万円を借りるんだったら

230万円といった高額な現金をいかなる手段よりも素早く借り入れできるのは、カードローンを利用した借入れでしょう。カードローンだと大事のように感じる方がほとんどかもしれませんが、ローンカードを所持している人は殊のほか多く、クレカとは異なり年ごとの会費や入会時の手数料がかかりませんから現金が急に必要になった時への備えに契約したという人もいます。

 

カードローンを使って230万円借りる時の利息は消費者金融の場合18%が上限値ですが、借入金が230万円だとしたらもっと安い金利で借りることも充分可能です。クレカの金利は15%〜18%とのことですから金利の面でもカードローンはクレジットカードと同じ水準です。しかも、銀行カードローンであれば更なる安い金利で借りることも充分可能です。

 

230万円借りる!人気のおすすめカードローン

230万円といった高額なお金を借りる検討をしている場合にオススメのカードローンをご紹介します。多額の限度額でカードローンを利用する場合は、審査のスピードよりは利率がどの程度低いかが優先的に検討すべきチェックポイントです。

 

オリックス銀行カードローン

 

みずほ銀行カードローン

 

住信SBIネット銀行カードローン

 

申込み手順

利用する金融機関によって多少の違いはあるでしょうが、カードローンの審査申込み方法は概ね下みたいになります。

手順1 金利や審査にかかる時間などを比較してどこに申込みをするのかを決めます。この際に注意することは複数のところにいきなり同時に申し込まないことです。カードローンの申し込みの情報もリアルタイムで履歴として保存されていきますので、同時期に申込をするのは上限2社にしておくべきです。申込みはそのカードローンの公式サイトから行います。『申込はこちら』といった文言があるはずですからそちらから申込をしてください。 入力しなければならない項目はあなたの名前や住所、連絡先、勤務先、収入額や借金額などの情報です。申し込み手続きで最も時間をとられるのがこの部分なんですが、入力がスムーズにできる人なら5分程度、入力に時間がかかる人でも30分もかからないうちには完了するでしょう。 手順2 入力した内容に基づき審査の手続きにはいります。入力直後の段階での審査は金融会社の方にも確認書類がない状態ですから、状況としては仮審査となります。仮審査の結果、可決となれば書類の提出を行い事実と違う点がないかが確認されます。 書類の送付はスマホで書類を撮影して送信するか、郵送もしくはFAX、どれかを選んで送付します。言うまでもありませんが、郵送を選択したら日数を必要とするので利用開始までの日数が遅れることになります。審査の回答は電話番号かメールアドレスに連絡が入ります。 手順3 審査に通過すればカードの発行手続きに入ります。振込みによる融資を希望した場合は指定口座に希望金額を振り込んでもらえます。また、プロミスやアコムといった大手消費者金融は契約機でローンカードを発行してもらえます。受取方法で郵送を選択した場合は自宅に郵送されますのでカードローンの利用まで数日待たされることになります。

消費者金融がいいのは急いでいるとき

数万円程度の少額が必要な時はアコムやプロミスなどのカードローンが便利です。個人に向けた融資に特化している消費者金融は素早い審査で差別化しながら進化してきたといっても過言ではないので、『明日までには借りたい』などの急ぎのときには大変重宝します。近頃では銀行もカードローンに本腰を入れてきており、審査回答に要する時間が早くなっていますが、銀行のなかには希望者が申し込みしてから融資が実行されるまでに一週間以上要する場合も銀行ならあれます。急いでいる時には審査スピードや実際に借入れるまでに最低限必要ではと思われる時間を確認するようにしましょう。当サイトでは、審査がスピーディなカードローンをご紹介しており、その中には大手消費者金融といった即日融資可能なカードローンもありますが、申込みのタイミング次第では翌日の融資となる場合もありえます。即日融資をアピールしている消費者金融でも、遅くとも13時30分あたりまでに契約を完了させる必要がありますので即日融資が優先されるケースは注意してください。

menu