220万円借りるならココ!審査迅速のカードローン

220万円を借りる!借りれる!おすすめカードローン

220万円を借りれるところは

220万円もの高額なお金をいかなる手段よりも早く借入れできるのは多分、カードローンでの借入れでしょう。カードローンだと大ごとのように思う方がほとんどかもしれませんが、ローンカードを所持している人は意外に多く、クレカとは異なり入会時の手数料や年会費がかかりませんから現金が急に必要になった時への備えとして契約したという人もいます。

 

カードローンを使って220万円借りた場合の利息は18%が上限値です(消費者金融の場合)が、借入金が220万円であるならばさらに低い利率で借りることもできるでしょう。クレジットカードの金利は15%から18%程度とのことですからカードローンは金利比較でもクレジットカードと同じ水準です。また、銀行で申込むカードローンだったらさらなる低い利率でお金を借りるのも充分可能です。

 

220万円借りる!人気のおすすめカードローン

220万円といった高額な融資を受ける検討をしている場合におすすめのカードローンをピックアップしています。多額の限度額を希望する場合は、審査のスピードよりは利率がどのくらい低いかが優先的に検討すべきチェック事項でしょう。

 

オリックス銀行カードローン

 

みずほ銀行カードローン

 

住信SBIネット銀行カードローン

 

申し込みについて

金融機関によって多少の違いはあるでしょうが、カードローンの利用申込み方法はどこも下のようになっているみたいです。

手順1 金利の率や審査の素早さを考えてどのカードローンへ審査の申込みをするのかを決定してください。注意することは何社もまとめていきなり一度に申込みするのを控えることです。 カードローンの申込みがされたことなどは即座に履歴として残されていきますので、2〜12日のうちに一度に申込みするのは2社程度が無難です。審査の申し込みは公式ホームページで行えます。『申し込みはこちら』といった文言が絶対にありますからそこから申込みをしてください。 入力項目は住所や電話番号、勤務先、収入関連、借入関連といった情報など基本的な情報です。申込みの手続きの中で最も時間をとられるのがこの入力作業のところですが、早い人なら5分〜10分、不慣れな人であっても20分から25分くらいで入力終了するでしょう。 手順2 入力後、送信ボタンを押すと審査の段階に進みます。申込みし終わったばかりの段階では金融会社の方にも入力された内容を確定させる書類がありませんから、この段階では仮審査となります。仮審査でOKとなれば書類を提出して書類に記載されている内容と異なってないかを確認されます。 提出する書類などを送る方法はスマホで書類を撮影して送信するか、郵送もしくはFAXの中から選択してください。言うまでもありませんが、郵送を選んだら日数がかかるので利用スタートまでの日数が遅れます。審査の回答はメールアドレスか電話番号に伝えられます。 手順3 審査に通ればめでたくローンカードの発行です。融資方法で振込を選択した場合、指定口座に希望金額を送金してもらえます。また、プロミスやアコム等は自動契約機でカードが受け取り可能です。受け取り方法で郵送を選んだ場合は郵便で自宅に送られますのでカードローンを利用開始するまで2日〜8日くらいは待つことになります。

消費者金融なら急ぎのときにも便利

数十万円以下の比較的少額が必要な時はプロミスやモビット、アコムなどのカードローン便利かもしれません。個人向け融資が本業の消費者金融は即時に結論がわかる素早い審査で差別化しながら進化し続けてきた面が強いので『今日中に借り入れしたい』というような速さを求めているときには大変重宝します。最近ではカードローンに力を入れる銀行が増加傾向にあり、格段に審査のスピードが迅速化されてきてはいるものの、それら銀行の中には申込みから融資実行までに7日から10日、あるいはそれ以上かかる銀行も普通にあります。できるだけ早くお金を借り入れしたいときは審査と借入までにこのくらいは最低限かかるのではという時間をざっくりとでも確認するようにしましょう。このサイトでは、素早い審査が期待できるカードローンを掲載しており、消費者金融といった申込み当日に融資をしてくれるようなカードローンもありますが、申し込みをした時間帯によってはお金を借りるのは翌日になるケースもありえます。即日融資を謳っている消費者金融でも、遅くとも13時30分あたりまでに手続きを終わらせておく必要がありますので、即日融資が優先される場合は意識しておきましょう。

menu