150万円借りるならココ!審査迅速のカードローン

150万円を借りる!借りれる!おすすめカードローン

150万円を借りるんだったら

150万円といった高額のキャッシュをどんな方法よりも素早く借り入れることができるのは、カードローンを利用した借入れです。
カードローンだとただ事でないことのように思う方が多いかもしれませんが、カードローン契約している人は殊のほか多く、クレカと違って年会費や契約時の手数料が発生しませんから急にお金が必要な時への備えに契約したという人もいるくらいです。

 

カードローンを使って150万円借りる場合の利率は消費者金融なら高くて18%ですが、借入れ金が150万円ならそれよりもっと安い利率で借りることが充分可能です。クレジットカードの金利は15%〜18%とのことですから金利の面でもカードローンはクレジットカードの水準と同等です。それに、銀行で申し込むカードローンであれば更に低い利率で借りることも充分可能になってきます。

 

150万円借りる!人気のおすすめカードローン

150万円より高額な融資を借りるケースにお勧めのカードローンをご紹介します。高額融資を希望するなら、審査のスピードよりも金利がどのくらい低いかが大切な点です。

 

オリックス銀行カードローン

 

みずほ銀行カードローン

 

住信SBIネット銀行カードローン

 

申込方法

どこを利用するかによって少し違いはありますが、カードローンの申込方法は概ね下のようになります。

手順1 金利や審査の素早さなどを考えてどこに審査の申込みをするのかを確定します。注意することは複数のところにいきなり一度に審査を申し込まないことです。 カードローン審査の申し込みがされたことでさえも即座に履歴として残っていきますから、2〜5日のうちに一度に申込むのは2社程度が無難です。カードローンの申し込みは公式ホームページからできます。『申し込みはこちら』といった文言がわかりやすい場所にあるはずですからそこから申込みページに進んでください。 入力項目は住所や電話番号、勤務先、収入関連、借入関連といった基本的な情報です。申込みに関する手続きの中で一番時間をとられるのがこの入力作業なんですが早い人なら5分くらい、入力に手間取る人でも20分から25分くらいで完了するでしょう。 手順2 入力後、送信ボタンを押すと審査の段階に進みます。入力し終わったばかりの段階ではカードローンを申し込んだ先にも必要書類がない状態ですからこの段階では仮審査となります。仮審査結果で可決ということになれば、書類を提出して事実と違う点がないかを確認されます。 書類の送付はアプリによる写メの送信か郵送かFAXかのうちのどれかを選択して送付します。もちろん、郵送を選んだら日数がかかるので利用開始までに日数がかかることになります。審査の結果は最初に入力したメールアドレスか電話の方に伝えられます。 手順3 審査に合格すればめでたくローンカードの発行です。希望が振込だった場合、指定口座へ希望金額を振り込んでもらえます。また、プロミスやアコム等は無人契約機でローンカードを受け取ることができます。受け取り方法で郵送を選んだ場合は自宅に郵送されますのでカードローンを利用開始するまで数日かかることになります。

即日融資が希望なら消費者金融

数万円程度の少額を借り入れしたい時はアコムやプロミスなどのカードローンが便利です。お金を貸すことが本業である消費者金融は素早い審査に特化しながら進化し続けてきた側面が強く、『今日中に借り入れしたい』という急ぎのときにはとても重宝します。最近ではカードローンに銀行も注力しつつあり、審査のスピードも格段に早くなっていますが、それら銀行の中には申し込みしてから借り入れ出来るようになるまでに1週間以上要するケースも別に珍しくはありません。早く借りたい時には審査と借り入れ実行までに必要と想定される時間をよく確認するようにしましょう。このサイトでは、基本的に審査がスピーディなカードローンをご紹介しており、中には大手の消費者金融などの即日融資可能なカードローンもありますが、申込みをした時間帯によっては翌日にお金を借りられるようになるケースもありえます。当日の融資を謳っている消費者金融でも、基本的には13時30分あたりまでに契約を完了しておきたいですから即日融資が優先される場合は注意してください。

menu