1200万円借りれるところは・・・

1200万円くらいの高額なお金を無担保、保証人なしで借金できるのはカードローンでの借入くらいしかありません。担保や保証人を立てるのであれば名目によっていろいろと目的ローンがありますが、そちらの場合は金利は低くても使途はかなり限定されてしまい、当然、内容によっては審査に通らないなどの厳しい結果もありえます。その点、カードローンであれば資金使途は事業性資金以外なら自由です。多くの人がカードローンを利用する理由はここにあるといえるわけです。
ただ、カードローンだというとただならないと思う方が少なくはないでしょう。しかし、カードローンはあまり目立たないかもしれませんが利用者が多く、クレジットカードとはまた違って年ごとの会費や手数料が発生しませんから不測の事態への備えとして契約する人もいるみたいです。

 

カードローンの融資で1200万円借りる際の利率は消費者金融なら最高18%ですが、カードローン契約の限度額が1200万円ならまだまだ安い年率で借り入れすることができるでしょう。クレカのキャッシング枠の利率は15%から18%程度ということなのでカードローンは金利比較でもクレカと同等の水準です。しかも、銀行で申込むカードローンだったらさらなるひくい利率でお金を借りるのもできたりします。

 

1200万円借りる!高額融資可能なカードローン

1200万円といったような大きな額のお金を借りる審査の申し込みを検討している場合に参考となるカードローンをピックアップしています。高額のお金を借りる際には、審査から融資までどのくらい早いかといったことよりは、年率がどの程度低いかがとりわけ重視すべきチェックポイントだといえます。

 

オリックス銀行カードローン

 

みずほ銀行カードローン

 

住信SBIネット銀行カードローン

 

申込手順

どの会社に申し込むかによって多少違ってはきますが、カードローンの申し込みをする方法はどこも下記みたいになっているみたいです。

手順1 金利の率や審査時間の短さを比較検討してどのカードローンへ申し込みをするのかを決定してください。この時、気をつけることは何社もまとめて同時に申込みするのを控えることです。 申込をあなたがした記録などは即、記録として保存されていきますから、数日の間に一気に申し込みをするのは2社までに抑えておくべきです。審査の申し込みはそのカードローンの公式ホームページで行えます。『申込みはこちら』という文言が絶対にありますからそちらから申込みしましょう。 入力していくのは住所・氏名・年齢・電話・メールアドレス・勤務先情報・収入・借金歴等の基本的な情報です。申込みの手続きの中で最も手間なのがこの項目入力のところなんですが、入力が得意な人なら5分〜10分、入力作業に不慣れであっても20分くらい頑張れば入力終了するでしょう。 手順2 入力が終了してボタンを押すと審査をカードローン会社が行います。申込みし終わったばかりの段階では金融機関の側にも必要な書類がないですから状態としては仮審査ということになります。ここで可決となれば必要書類を提出して書類に記載されている内容と異なってないか、カードローン担当者による確認が行われます。 提出する書類などを送る方法はスマホやパソコンから書類の写真を撮影して送信するか、郵送orFAXのどれかになります。当然ですが、送付手段で郵送を選んだ場合は時間がどうしてかかるため利用スタートまでの日数が遅れます。回答は電話番号かメールアドレスに連絡がもらえます。 手順3審査に通過すればめでたくカードの発行となります。融資方法で振込を選択した場合、振込先口座を指示して希望金額を送金してもらえます。また、プロミスなどの大手消費者金融は、契約機でカードが受け取り可能です。郵送での受取を選択した場合は郵便で自宅に送られますのでカードローンが利用可能になるまで2日〜13日くらいは待たされることになります。

今日明日中にお金を借りたいなら消費者金融

数十万円以下の比較的少額の借入をしたいときはプロミスやモビット、アコムなどの消費者金融(貸金業者)便利かもしれません。貸金業者として個人相手の融資をしてきた消費者金融は即時に結論がわかる素早い審査を強化しつつ発展をし続けてきた部分があり、『明日には借り入れしたい』といった速さを求めているときには大変重宝します。近年はカードローンに力を入れる銀行が増加傾向にあり、審査回答までのスピードもかなり迅速化されてきてはいるものの、なかには申込みから借り入れまでに7日〜10日、あるいはそれ以上かかるのが当たり前だったりもします。できるだけ早くお金を借り入れしたいときは審査の速さや借入までにかかる時間をざっくりとでも確認しましょう。このサイトでは、素早い審査をしてくれそうなカードローンを掲載しており、その中には大手消費者金融などの申込み当日に融資をしてくれるようなカードローンもありますが、時間帯によっては翌日まで待たされる可能性も少なからずあります。即日融資をアピールしている消費者金融でも、原則、午後1時半くらいまでに手続きを終わらせておく必要がありますので、当日の融資が最優先な人は意識しておきましょう。

menu