1000万円借りるならココ!最強のカードローン

1000万円を借りる!借りれる最強のカードローン

1000万円借りるのであれば

1000万円といった高額のキャッシュを保証人、担保なしで借り入れることができるのはたぶん、カードローンを介した借入です。
カードローンだというととんでもないと思う方がたくさんいるとは思いますが、カードローンは珍しいものではないくらいに利用者は多く、クレジットカードとはまた違って年会費や手数料がないですから万一の時の備えとして契約する人もいるみたいです。

 

カードローンの融資で1000万円借りるとしたら利率は消費者金融なら高くて18%ですが、限度額が1000万円ならそれよりもっと安い利率で借り入れすることが可能でしょう。クレカのキャッシング利用分に対する利率は15%から18%程度ということなのでカードローンは金利面でもクレカと同等の水準です。それに、銀行で申込むカードローンならより一層のひくい利率でお金を借りることができたりします。

 

1000万円借りる!高額融資可能なカードローン

1000万円といったような大きな額の融資を借りる審査の申し込みを検討している場合におすすめできるカードローンのご紹介をします。高額のお金をカードローンで借りるケースにおいてはどのくらい審査のスピードが早いかということよりも、年率が低いかどうかがとりわけ重視すべきチェック事項です。

 

オリックス銀行カードローン

 

みずほ銀行カードローン

 

住信SBIネット銀行カードローン

 

申込み方法

申し込む金融機関によって多少違ってはきますが、カードローンの審査の申し込みをする方法はだいたいどこでも下記みたいになるようです。

手順1 利率や審査時間の短さといったことを比較検討してどの会社へ申し込みをするのかをとにかく決定しましょう。この時、気をつけることは三社以上の金融機関に同時に申込みしないことです。 申込みをあなたがした記録でさえも即、記録として残っていきますので、数日の間に一気に申し込みをするのは2社までに抑えておくべきです。カードローンの審査申込みはそのカードローンの公式ホームページからできます。『申込みはこちら』という文言がページの中にあるはずですからそちらから申込しましょう。入力していくのは住所・氏名・年齢・電話・メールアドレス・勤務先・勤務歴・年収・他社借入れ状況等の基本的な情報です。申込みをする際、最も手間なのがこの入力作業なんですが入力が得意な人なら5分くらい、文字入力が不得手な人でも20分くらい頑張れば完了するはずです。 手順2 入力事項に基づいた審査をカードローン会社が行います。申込段階では金融機関の側にも必要書類がない状態ですから状態としては仮審査ということになります。仮審査結果で可決ということになれば、必要書類を提出して申込入力した内容が本当か、カードローン担当者による確認が行われます。提出書類を送る方法はスマホやパソコンから書類の写真を撮影して送信するか、郵送orFAXのどれかです。言うまでもありませんが、郵送でのやり取りとなると時間がどうしてかかるため利用開始までに日数がかかります。回答は申込み時に入力した電話かメールアドレスへ連絡がもらえます。 手順3 審査の結果、融資可能との判断がくだされればめでたくカードの発行となります。融資方法で振込を希望した場合は振込先口座を指示して希望する借入額を振り込んでもらえます。また、プロミスなどの大手消費者金融は、無人契約機でカードが発行されます。郵送での受取を選択した場合は郵便で送られてきます。ゆえにカードローンが利用可能になるまで12日前後かかることになります。

急いでいる時なら消費者金融

10万円以下の比較的少額の借入をしたいときはアコムやプロミス、モビットなどの消費者金融(貸金業者)を活用すると便利です。貸金業者として個人相手の融資をしてきた消費者金融は即日審査を強化しつつ発展してきた面があり、『明日には借り入れしたい』等の速さ勝負の時は便利です。近年はカードローンに注力する銀行が増えつつあり、審査回答までのスピードもかなり素早くなってはいますが、なかには申込みから融資実行までに1週間から10日、あるいはそれ以上かかることもあるわけです。早く借りたいときには審査スピードや借入までに要する時間をしっかりと確認したほうが無難です。このサイトでは、審査の速さに一定の評価がされているカードローンを掲載しており、中には消費者金融など即日融資が得意なカードローンもありますが、時間帯によっては翌日に借り入れ可能となる可能性も少なからずあります。消費者金融が即日融資を宣伝していても、原則、午後1時半くらいまでに契約手続きを完了させておきたいですから、当日の融資が最優先な人は意識しておきましょう。

menu